日本神経回路学会とは?

創立の1989年以来,脳を情報処理装置とみて,その科学的解明・計算論的理解・工学的実現の研究を促進することを目指した学会です.その主要な分野は,脳の情報処理の数理的モデル化を行う計算論的神経科学の分野と,その知見に基づき知的機能の工学的な実現を目指す知能モデルの分野の2つです.

前者は神経科学の一分野でもあり,脳の知能の発生原理に数理的な方法で着実にアプローチすることで,世界の先端的な研究成果が出続けています.この分野の研究成果は次世代の人工知能に求められる脳型知能の原理を示してくれると期待されます.

後者では,1970年代のネオコグニトロン以来の伝統で多くの研究があります.現在の人工知能の主流であるDeep Learningは,階層ネットワークの特性を引き継いでおり,ネットワーク構造に依存しな共通性質について研究の蓄積があります.そして神経科学の知見をニューラルネットに埋め込んで知的機能を生み出す「脳型コンピュータ」の研究は,神経回路学会の中心的な研究領域です.

このように神経回路学会は,脳を理解する神経科学と,知能実現を目指す人工知能研究の中間にあり,社会が要請する未来の知能システムの実現に取り組んでいます.

TOPICS

Asia-Pacific Neural Network Society (APNNS) への加入のお願い▼

お知らせ

NEW 代議員選挙結果について

一般社団法人日本神経回路学会 会長 五味裕章

2022.11.7

この度、一般社団法人日本神経回路学会の第1回代議員選挙が実施され、10/31の投票締め切り後、選挙管理委員会による開票が行われ、以下の方が代議員として当選されました。ここにご報告いたします。 

代議員選挙結果

 

一般社団法人日本神経回路学会 設立のお知らせ

◆ 一般社団法人日本神経回路学会 設立のお知らせ ◆

会長 五味裕章

【一般社団法人日本神経回路学会 設立のご報告】

過日、日本神経回路学会の一般社団法人化に関する議案に関して臨時総会が開催され、議決投票の結果、議案は可決されました。理事会はこの結果を受けて法人登記をおこない、2022年9月28日,日本神経回路学会は一般社団法人として設立されました。

お忙しい中、議決投票いただきました皆様にはお礼申し上げます。また、これまで法人化を検討いただいてきた元理事の先生方、法人化プロジェクトにご尽力いただき、また度重なる理事会でご議論ご意見いただいた現理事の先生方、支援いただいた事務局、そして会員の方々に感謝を申し上げます。今後も、本学会関連の学術領域を発展進化させていけるよう、会員の皆様とともに学会運営に取り組んでまいります。

 

2022年4月からの事務局変更について
会員の皆さま及び当協会関係各位の皆さま方,平素は当協会の活動にご理解ご協力を賜り,厚く御礼申し上げます.

このたび,事務局業務の委託先を,(株)ソウブン・ドットコムに変更することとなりました.新事務局は2022年4月に始動を予定しております.新しい体制が整いましたら,本ページで改めてご案内させていただきます. 会員データベースの移行を行うため,2022/3/20-3/31の期間は,入会,退会,会費振込確認,等の手続きが混乱する可能性がありますので,それらの手続きはその期間を避けていただければ幸いです.

なお,事務局メールアドレスは,secretariat(at)jnns.org で変更ありませんが,住所等は変更になります.新事務局の住所等は4月になりましたら当Webページ「お問い合わせ」でご案内させていただきます.

※メール送信の際は,(at)を@に置き換えてください.

よろしくお願い申し上げます.
日本神経回路学会事務局メールアドレス変更のお知らせ
この度、事務局のメールアドレスを以下の通り変更いたしましたので、お知らせ申し上げます。
旧メールアドレス:jnns(at)flsi.cird.or.jp
新メールアドレス:secretariat(at)jnns.org
※メール送信の際は、(at)を@に置き換えてください。

【重要】「総会」 の開催案内方法の変更につきまして
全国大会期間中に開催いたします「総会」の開催案内及びご出欠確認は、2021年度よりメールで行うこととなりましたので、メールアドレスをご登録なさっていない方ご変更になった方がいらっしゃいましたら、JNNS事務局までご連絡くださいますようお願い申し上げます。メールアドレスご登録のお手続きをさせていただきます。
何卒ご理解・ご了承の程よろしくお願いいたします。

 

トップへ戻る